【Netflix】劇場版シティーハンター は、30代の人が楽しめる作品

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>をNetflixでみた。筆者は30代後半だ。幼い頃、テレビでよくシティーハンターを見ていた。そんな人たちには内容があまりよくなかったとしても、今のアニメーション技術で蘇った、シティーハンターを見る価値はある。

声優が素敵過ぎる

昔のシティーハンターの絵やキャラクターボイスは頭の中で覚えている。そのイメージ(思い出)を崩すことなく最後まで見れたのはとてもよかった。

声優が素敵過ぎる、冴羽 獠を神谷 明さんが、槇村 香を伊倉一恵さんが引き続き担当してるのはまじで嬉しい。

その他、山寺宏一さん、玄田哲章さん、大塚芳忠さんの声まで聞けるのは贅沢だ。

内容はハイテク機械

キャラクターは昔と同じ設定で、時代を現代に変えただけだ。ハイテクと冴羽 獠、少し合わない感じ。もっと人間の闇などもっとハードボイルドにやって欲しかったが、そこはしょうがないかな。

冴羽 獠の「もっこり」や槇村 香のハンマー今の若い人たちにはどう映ったのか気になるところだ。

予告編

U-Nextでシティーハンターが配信されてる

劇場版を見た後、シティーハンターが見たくなったので、Netflixで探したが、配信されていなかった。

しかし、U-Nextで配信されていたので、早速1話から見た。今見ると昔を思い出す。声優さんは、劇場版でも変わっていないことがとても嬉しかった。

(Visited 157 times, 1 visits today)